クレジットカードの現金化は債務整理をしても利用できますか?

債務整理をしてしまうと、銀行や消費者金融で新たにカードローンの借金ができなくなります。

そうなると、いざ現金が必要というときにどうすることもできません。

そこで、クレジットカードを使った現金化について説明していきます。

クレジットカード現金化は基本的に審査はなし

クレジットカードを使った現金化では、審査をすることはまずありません。

銀行や消費者金融のカードローンを断られた人でも、クレジットカードの現金化なら簡単に現金を手にすることができます。

絶対に必要なものは、免許証や保険証などの身分証明書は必要になりますので、これだけは用意をしておきましょう。

身分証明書は、古物商や現金化の業者に登録するときに必要になります。

他には難しい書類など必要ありません。

債務整理をする前にクレジットカードを持っておく

債務整理をしてからクレジットカードの申し込みをしても、なかなか審査を通過することはできません。

当然ながら信用力の低い人にはカードを発行することは難しいですので、債務整理をしてしまうとある程度の期間が経過しないとクレジットカードを作るのは難しいです。

また、クレジットカードの審査が通過しないからということで、他の会社のクレジットカードに申し込みをしてもそちらの会社でも審査を通過することはできないでしょう。

これは個人の信用情報を照会していますので、どこのクレジットカード会社にいつ申し込みをしたのか、または審査の結果がどうだったのかということはすぐに確認することができます。

審査に落ちることが続くと、ますます信用情報に傷をつけることになりますので気をつけたいところです。

そこで、債務整理をしてからクレジットカードを使った現金化をするのでしたら、債務整理をする前にクレジットカードを作っておくようにしましょう。

債務整理をする前なら、信用情報に傷がついていない状態だと言えます。

クレジットカードにキャッシング機能をつけると審査が通過しにくくなりますが、ショッピング機能だけなら審査は案外簡単に通過するものです。

クレジットカード現金化できる優良サイトはこちら